歯医者を利用する場合、治療を受けたら必ず保険が適用されると思っている方もいるでしょう。
ですが全ての場合が保険適用なわけではなく、中には適用外の治療方法も存在しています。
そのため歯医者を利用するときには、保険適用かという点をチェックすることを忘れないようにしましょう。

保険が適用されない歯科治療

では歯医者において保険が適用されない治療には、どのような種類があげられるのでしょうか。
簡単に言えば、美容目的の治療だと保険が適用されません。
具体的には、ホワイトニングや歯並び矯正さらにはPMTCは適用外です。
ホワイトニングは歯をきれいにすることが目的なので、健康には影響しません。

歯並びを矯正するのも、基本的には見た目重視です。
ただし歯並びで健康上の問題があるという場合に限り、矯正でも保険適用となるケースも見られます。
同じようにPMTCの治療でも、美容目的と判断されるため全額自己負担になります。

また虫歯の治療でも、全額自己負担の自由診療となることがあります。
虫歯で歯を削った後、被せ物をします。

被せ物の種類でも変わる

このときの被せ物の種類によって、自由診療か保険適用の治療にわかれます。
2つのうちどちらを選択するのか歯医者側から説明があるため、話を聞いたうえで自分の状況に合わせて判断するようにしましょう。

虫歯治療における被せ物の種類の主な選択肢が、銀歯かセラミックです。
銀歯の場合は保険が適用されるため、自己負担の費用も3000円前後ですみます。
ですが銀歯のため、虫歯になってしまった歯の位置によっては目立ってしまうというデメリットも見られます。

口を開けた時に銀歯が見えるに抵抗がある場合方、セラミックなどの白い素材の被せ物を選択するのも1つの手です。
ただし虫歯のための治療とはいっても、美容目的と判断されるためセラミックなどの素材は自由診療です。
人によっては保険適用の治療と自由診療でも、そこまで大きな費用の違いはないと思う方もいるかもしれません。
ですが虫歯の状態にもよりますが、全額自己負担で被せ物をすると10万円近くかかることもあります。

このように虫歯の治療であったとしても、美容目的の場合だと自己負担の金額が大きくなります。
保険適用の治療のほうがお財布には優しくありますが、見た目のほかにも強度などの違いが見られます。
安ければいいと判断するだけではなく、自由診療にはどのようなメリットがあるのか把握したうえでどのような治療を受けるのか判断するようにしましょう。

美容目的で歯並び矯正なら医療費控除すら効かない

保険適用外であったとしても、歯医者で支払った費用なら医療費控除が適用されると思っている方もいるかもしれません。
残念ながら美容目的の歯並び矯正の場合は、医療費控除が適用されることはありません。
そのため自由診療を受ける場合には、全額自己負担になるということを理解したうえで選択することが大切です。

歯並び矯正が全額自己負担になることを考えた場合、具体的にどのくらいの金額が必要になるのか把握しておきましょう。
具体的な金額としては、歯の状態や使用するマウスピースの種類によっても異なります。
例えば矯正治療と言えば、マウスピースが目立つというイメージを持っている方も多くいます。
ですが歯の裏側に装着するタイプなどもあるため、目立つことなく歯並び矯正も行えます。
ただし葉の裏側に装着するような特殊のタイプは、費用が高いこともあるので注意が必要です。

具体的な歯列矯正にかかる費用

歯並び矯正は、あまりお金がかからないというイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかし実際には、80万円以上かかることもあります。
さらに注意しなければならないのが、矯正治療を完了するまでには2~3年ほど必要だという点です。
お金だけではなくどのくらいの期間がかかるのか理解したうえで、治療を検討するようにしましょう。

保険が適用されず医療費控除が効かない場合、治療をあきらめてしまう方もいるかもしれません。
ですが歯並びが気になる場合、費用の問題であきらめるのではなく少しでも負担を減らす方法を考えてみるのも1つの手です。
例えば自由診療の場合、利用する歯医者によって費用が異なります。
そこで金銭的な負担を減らすために、利用する歯医者を選ぶのも1つの手です。
歯医者ごとに見積もりを出してもらって、少しでもお得に利用できるところを選びましょう。

クレジットカードを有効活用

また自由診療の場合は、歯医者でもクレジットカードが利用できます。
クレジットカードでの支払い方やポイント制度に注目することで、負担を減らして支払うことにつながります。

ほかにも歯医者によっては、自由診療だとポイントカードのポイントが貯められるケースも見られます。
大手ポイントカードに対応している歯医者もあるため、普段の買い物で使っているポイントをこの機会に貯めるようにしましょう。
自由診療の金額が高ければ、一気にポイントが貯められます。
高い治療費はためらうかもしれませんが、ポイントをたくさん貯めた分だけほかの買い物に還元できると考え方を変えるのも1つの手です。